1. ホーム
  2. 子供への英語教育
  3. ≫子供の性格と英語学習法

子供の性格と英語学習法

子どもの性格と英語学習法

子供は自分の感情に素直で我慢が苦手。興味のある・なしや好き・嫌いはモロに態度に出ますね。

英語の学習も子供の性格にあった学習法をしてあげないと、英語に対する苦手意識や拒絶感をうえつける事になりかねません。

外向的な子はスクールでみんなと一緒に、内向的な子はお家で教材やオンライン英会話で学習するのがおすすめです。

みんなといるのが好きで、物怖じしないタイプ

いわゆる外向的な性格の子。

人と話すのが好きで、幅の広い興味関心を持つタイプです。

会話が好きなので、言葉に興味を示して積極的に話そうとします。

こういった子供にはお友達がたくさんいる英会話スクールがおすすめです。

教室に通っていると嫌でも「できる、できない」を意識させられるので、積極的な性格の子は、出来ないことが出来るようになる事で達成感を得てどんどん伸びていくようになります。

レベルに応じて、チャレンジと達成感を与えてくれる学習システムの教室が理想ですね。

人懐っこい性格なら個別レッスンよりも集団レッスンで楽しい雰囲気の教室が良いでしょう。

先生はネイティブでも日本人の先生でもOKです。

「日本人の先生からはネイティブのような発音が学べないのでは?」と思うかもしれませんが、発音は大きくなってからでも大丈夫。

子供の頃の英語はとにかく楽しさだけを最優先に考えて欲しいと思います。

一人でいるのが好きで、慎重なタイプ

いわゆる内向的な性格の子。

自分のペースで勉強するか、良く知っている人との学習が向いています。

こういった子供には、自宅で出来る英語教材が合っています。会話力も身につけてもらいたいならママに一緒についててもらってオンライン英会話をするのも良いかもしれませんね。

社交性を身に付けて欲しいからと教室に通わせてグループワークを無理強いすると、苦手意識や拒否感、劣等感を持ってしまう可能性があるので教室をしっかり見極めていただきたいです。

内向的な子は感受性が強いので、褒めてあげると嬉しくなり自信を持つようになりますので、だんだんと積極性も身についていきます。

子供を褒める時のコツですが、英語ができた事を褒めるのではなくて、
「英語が出来てママは嬉しい」とママの気持ちを伝える褒め方をしてあげるのが、児童心理学の観点からおすすめです。

外向的か内向的かは英語の修得に関係ない

子供の性格と学習効果を考えた場合、少し前までは外向的な子の方がコミュニケーション能力が高いので、英語を身につけやすいと考えられていました。

しかし、最近の研究では外向的な方が英語学習能力が高いという事実は認められませんでした。

むしろ内向的な方が読み書きだけでなく発音も性格で、外向的な者との差が見られないと言うことが常識となっています。

発音について

少し脱線しますが

・自宅用英語教材では生きた発音が学べないのでは?

・教室に通っても日本人講師ではネイティブ発音が学べないのでは?

このように心配に思うかもしれません。

確かにどうせ英語を勉強するなら、外国人並みの発音になってくれたら嬉しいですよね。

でも残念なことに日本に住んでいる以上、英語教材の音声テキストや週に1回や2回の教室でネイティブのような発音ができるようになるのは正直難しいです。

TVで小さな子供がネイティブのような発音で英語を話すのを見たことがあるかもしれません。でもあれは
・帰国子女
・日常的に英語環境に身をおいている
・その部分だけトレーニングしてキレイに話せるようになった
のどれかにあてはまる可能性が高いです。

実はネイティブ並みの発音なんていうのは、大人になってからでも十分身につける事が可能です。

皆さんがイメージしているネイティブの発音は大人の外国人ではないでしょうか?

外国人の子供は一つ一つの単語が聞き取れる分かりやすい英語を話します。

大人になるにつれて独特の話し方を身につけるので、日本人は聞き取りにくかったり憧れたりするんですね。

その独特の話し方は、受験英語では習わないリエゾン(リンキング)、リダクションなどの発音方法を学習するだけで、カタカナ英語とは全く違う英語を話すことができるようになります。

LとRの発音の違いも感覚ではなく知識(舌の使い方)で十分使い分けられるようになります。

大人になってからでも身につくことはたくさんありますから、子供が小さいうちは英語を楽しむことができる環境を作ってあげて下さい。

きっと大きくなってから英語に興味を持ち才能を伸ばしてくれるようになります。

子どもの英語勉強法の決め方

「有名で人気のある教材だから」とか「〇〇ちゃんも通ってる教室だから」とか、できればそんな理由で学習方法を決めないで下さいね。

やりたくもない教材を押し付けられたり、地獄に感じられるような教室に無理やり通わされて英語が嫌いになったら子どもの可能性がもったいないです。。

子供の性格をよく見て、その子に合った学習方法を与えてあげて欲しいと思います。

すごく大胆な分け方ですが

  • 外向的なら英会話教室
  • 内向的なら自宅用教材、オンライン英会話

今はたくさんの教材や教室、オンライン英会話があります。

その多くが無料お試しできるので、本当にその勉強法が向いているかどうかは、無料プランを上手に利用してどんどん試していただきたいと思います。

 

参考文献
[1]武田明彦(武庫川女子大学文学部英米文学科)「言語学習におけるLearningStyleとLearningStrategy」Bull.MukogawaWomen’sUniv.Humanities and Social Sci.,44,27-34(1996)

2020年版! 子ども英語教材ランキング

幼児英才教育法といったらコレ!
7+バイリンガル
運営会社株式会社SPRING
価格29,800円
返金保証60日全額返金保証
対象年齢0~12歳
7+バイリンガル

『早いうちから実践的な英語を覚えさせたい』『積極的に英語で発話してほしい』という方にお勧めの教材です。

  • 子供の吸収力を活かした英才教育方法
  • 親の英語力は関係ありません!
  • 子どもが自然に英語を口にするように!
  • 効果が無かった時は60日間全額返金保証
日常会話をマスター!
ハッピーイングリッシュ
運営会社株式会社ICE
価格29,800円
返金保証14日間
対象年齢小学4~6年
ハッピーイングリッシュ

ネイティブの子どもが学ぶように英語をマスターしよう!

  • ネイティブの発音がまるわかり!
  • 自然と口から英語が飛び出す!
  • 日常のシーンと英語がつながる!
  • 楽しいから続けられる、覚えられる!

玩具もセットで!
こどもちゃれんじEnglish
運営会社ベネッセ
価格2,880円/月~
返金保証残金返金
対象年齢1~6歳
こどもちゃれんじEnglish

お客様満足度4年連続No.1!年齢にぴったりの教材で楽しく学べる。

  • 年齢に合わせた教材を都度お届け
  • 幼児英語教育、幼児発達心理学の専門家の監修
  • DVD・玩具・BOOKが連動した成果を高めるセット教材
  • 続けやすい価格・お届けペース