1. ホーム
  2. 子ども向けオンライン英会話
  3. ≫リップルキッズパークの口コミ・評判

リップルキッズパークの口コミ・評判

リップルキッズパーク

こちらのページではリップルキッズパークについて解説しています。

リップルキッズパークは明るくほがらかな先生と「安く」「楽しく」英語が学べて、「初心者も始めやすく」「中断もしやすい」のが大きな特徴です。

一方、フィリピン人講師なのでネイティブを希望する方には向いてないです。ただ、中には発音の良い先生もいますので、無料体験で確認してみるのも良いかもしれません。

リップルキッズパーク無料体験はこちら

リップルキッズパークの口コミ・評判

こちらではリップルキッズパークで満足した口コミ、悪い口コミを紹介しています。

リップルキッズパークを検討しているあなたの参考になれば幸いです。

リップルキッズパークの悪い口コミ

フィリピン人
講師がフィリピン人なのでネイティブイングリッシュではないのが気になりました。でも性格はとてもやさしくて明るいので息子は楽しくレッスンできているようです。英語へのとっかかりとしてはネィティブでなくてもいいのかもしれません。

日本語が無い場合も
日本語を話せる講師もいるのですが、すべて英語でレッスンを行う講師もいます。英語だけの講師の場合は親のサポートが必要と思いました。

フィリピン人講師の発音が気になる方もいるようです。公式ページでは講師の紹介ビデオが用意されていますから事前に確認しておくと良いでしょう。

また英語だけでレッスンをする講師もいるようです。レッスンを進めやすいお気に入りの講師を決めてしまうのがオンライン英会話のコツです。

 

リップルキッズパークで満足した口コミ

盛り上げてくれる
子どもが飽きないようにゲームなどで盛り上げてくれます。楽しく英語を勉強しようという熱意が感じられますし、遊びだけでなく文法もしっかり教えてくれます。

講師の質が高い
講師の試験や研修が厳しいのは事前にサイトで見て知っていましたが、実際にレッスンを受けて本当にしっかりトレーニングされていると感じました。とにかく楽しくねばり強く子供に接してくれます。

リーズナブル
月3,000円以下ですしとりあえず1か月だけで中断という使い方もでき、家族や兄弟で一緒に受講もできるのでお得だと思います。

 

リップルキッズパークの気になる点

口コミにもあるように、リップルキッズパークで気になるのは次の2点。

  • フィリピン人講師なのでネイティブではない
  • 日本語が通じない講師もいる
ネイティブ講師にこだわる人は、フィリピン人講師を採用しているリップルキッズパークはおすすめできません。

DMM英会話などはネイティブ講師を採用しているので、そちらの方が良いと思います。
DMM英会話はこちら

また日本語が通じない事が不満な人も。レッスンに日本語も必要という方はバイリンガル講師のオンライン英会話にした方が良いでしょう。バイリンガル講師のオンライン英会話はグローバルクラウンが人気です。
グローバルクラウンはこちら

 

リップルキッズパークで人気の先生

リップルキッズパークの講師は明るく優しいフィリピン人の先生たち。
ここではリップルで人気の先生方をご紹介します。

まずはジュリー先生
リップルキッズパークで人気のジュリー先生
サンカルロス大学の看護理学部卒でディズニー好きな先生です。

3姉妹の長女で二人の妹の面倒を見ながら育ち、仕事がない時はいつも1歳と2歳の甥っ子の面倒を見ているお世話好きな性格。

誰かの役に立ちたい思いが強いジュリー先生は、子供たちに英語を教えるのが大好き。

子どもたちが一生懸命英語を話そうとしてくれる姿をみると、自然と笑顔になってしまいます。

 

次にグロリア先生。
リップルキッズパークで人気のグロリア先生
グロリア先生は優しい性格で、歌や動物が大好きです。高い英語力と子供英会話に対する熱意が認められリップルに採用されました。

朗らかな笑顔でゆっくりとした話し方が特徴のグロリア先生。「ビギナー向けのゆっくりしたレッスンを受けたい」「英語に慣れていない」、そんなご希望があれば、ぜひ一度グロリア先生のレッスンを体験してみてください。

リップルキッズパーク無料体験はこちら

 

ネィティブイングリッシュじゃないと不安という方にお伝えしたいのですが、発音は大きくなってからでも大丈夫。リエゾン(リンキング)などの発音テクニックをマスターすれば大人になってからでも十分ネイティブなみの発音が可能です。

全部つながって聞こえるあのネイティブ独特の発音は、ルールがあるのでそれを大きくなってから知識でマスターすればOK。

英語へのとっかかりとしては、朗らかで優しいフィリピン人の先生に英語の楽しさを教えてもらうのも一つの方法です。

 

リップルキッズパークの教材

リップルパークの教材は、市販のLet’sGoとオリジナルのサブ教材を使用します。

Let’sGoはAmazonや全国の書店で注文可能な有名な子供英語教材。

 

でもリップルでテキスト教材を使うのはレッスンを始めて何回か経ってから。

テキストを使わないうちは、歌やゲーム、フラッシュカードを使って、とにかく英語レッスンが楽しくなる工夫が盛りだくさん。

レッスン後はほとんどの子が「あ~楽しかった」と満足してくれます。

 

先生がテキストでのレッスンに進んだ方が良いと判断されれば、テキストでのレッスンがスタート。

もちろんレッスンに対する要望があれば、日本の事務局が先生に伝えてくれ希望に応じたレッスンが受けられますので安心です。

 

気になる価格は?

週1回税抜き2,838円から、週2~5回まで準備されています。

リップルの特徴としては、レッスンを家族で分け合えること。

週2プランを兄弟二人で分け合うと、週2回税抜き4,444円が一人当たり半分の2,222円でお得になるのもリップルの特徴です。

入会・解約金なども不要ですので、利用しやすいオンライン英会話教室と言えます。

 

リップルキッズパークの3つのポイント

1.子どもに合わせた9段階のレベル分け

リップルキッズパークは子供専用のオンライン英会話。

しかも無料体験レッスンで9段階のレベル判定があるので、子供のレベルに合わせたレッスンを提供してもらえます。

そしてレッスンでの英語の習得度は「文法」「聞き取り」「語彙」「発音」についてチャートで図解され、得意な所、苦手な所が一目で分かるようになっています。

このチャート見て「強いところをもっと伸ばす」「苦手を克服」「バランスよく教育する」などを、レッスン要望機能で先生にリクエストをすることができます。

 

2.英検®二次試験面接対策ができる

英検は一次が筆記+リスニング、二次が面接試験になっています。(4級・5級は記述式のみ)

一次が受かったのに二次で落ちることが無いように、リップルキッズパークでは模擬面接トレーニングを受けることができます。

模擬面接を事前に希望すれば、次のレッスンでスカイプでつないだ時から英検対策の模擬面接のスタートです。

模擬面接終了後には判定シートを受け取れます。

「ナレーション」「Q&A」「アティチュード」について得点とフィードバックをもらえるので、面接対策を練ることができます。

 

3.満足度も継続率も高い

882名のアンケートで「とても満足」「満足」「不満」「とても不満」のうち、「とても満足」と「満足」を合わせると満足度は99.4%

また全体の継続月数と1年間の退会人数から、継続率は95.6%と算出されました。

リップルキッズパークは低価格なのに質の高いレッスンを受けられるのが、満足度と継続率の高さにつながっているようです。

リップルキッズパークの詳細はこちら

 

いまいち決めきれない、他のオンライン英会話と比較して考えてみたい、という方はこちらの記事もどうぞ。

 

2020年版! オンライン英会話ランキング

バイリンガル講師で安心のレッスン!
7GLOBAL CROWN
運営会社株式会社ハグカム
価格20分あたり965円~
無料体験2回
対象年齢3歳~
7GLOBAL CROWN

日本人・英国人・ハーフのバイリンガル講師なので困った時は日本語で質問可能です

  • ”子どもが英語を好きになる”ことを大切にしています
  • 時間になったらアプリを開くだけ。難しい設定不要!
  • 単語の学習から会話のフレーズ習得まで充実のカリキュラム
  • バイリンガル講師でスムーズなレッスンが可能
楽しみながら英語が身につく工夫いっぱいのレッスン
リップルキッズパーク
運営会社株式会社リップル・キッズパーク
価格週1回3,065円
無料体験2回
対象年齢3歳~
リップルキッズパーク

ABCも分からない状態からスタート!レッスン毎に先生への要望可能!

  • 厳しい採用試験をクリアした講師
  • 幼児教育、日本文化ついての3週間以上の講師研修を受講済み
  • 9段階ものレベル分けで実力に合ったレッスンを受けられる
  • 家族でアカウントを共有可能。兄弟や両親も受講可能
オンラインと教室のいいとこどり!
LEARNie
運営会社株式会社LEARNie
価格週1回6,000円
無料体験2回
対象年齢小学生~
LEARNie

家庭に居ながらにして教室レッスンのグループワークを受けられる独自メソッドを採用!

  • 教室とオンライン英会話のいいとこどり!/li>
  • 友達と一緒に楽しくオンラインレッスンが可能
  • レッスン以外でも英語が身につくよう研究されたプログラム
  • 「考える力」「人を思いやる力」が育ちます